Crafts introduction 
工房プロフィール
木工スプーンsono-mu 米津 克己  <横浜市>

●木工スプーン「sono-mu」について
 sono-muのスプーンは、国産のヒノキ材などを彫り、漆で仕上げているため、手に持った感じかとても軽く、唇にあてた感触が優しく滑らかです。また、木は熱を伝えにくい材質なので、温かい料理をいただくときでもスプーン自体が熱くなりません。いままで、金属製のスプーンを使って唇や舌をやけどしたという方も安心して使っていただけます。
 sono-muのスプーンは、同じ形をしていても一つひとつよく見ると違いがあります。表面の凹凸は彫刻刀の運びや力の入れ具合、木目の向きや粗密は原料材から木取りする箇所などによって違いが生まれます。工業製品ならあり得ないバラツキですが、一つひとつの個性として楽しんでいただければ幸いです。

●作者プロフィール
 米津 克己(よねつ かつみ)

 1952年 神奈川県横須賀市生まれ
 1976年 愛知県立芸術大学デザイン学科卒業
 1976年 株式会社GKインダストリアルデザイン研究所入社
 1982年 株式会社第二精工舎(現セイコーインスツル株式会社)入社
 2015年 YONETSU DESIGN OFFICE 設立
 2015年 国立研究開発法人産業技術総合研究所 招聘研究員
 2019年 木工スプーン工房「sono-mu」開設 至現在

●コンタクト
メールアドレス sonomu@yonet-jp.com
ホームページ(作品販売) https://sonomu.thebase.in/
インスタグラム https://www.instagram.com/sono_mu/?hl=ja

●作品紹介<クリックすると大きな画像をお楽しみ頂けます。>
     Close Window >>イベントTOPへ